雑記1983

ブログは人の為ならず

Wordpress

WordPressを始めるのに無料の未来サーバーをおすすめしない理由

投稿日:2017年3月23日 更新日:

WordPressを無料ではじめるときに候補にあがる5つのレンタルサーバー

WordPressを無料で始めようと思うと以下の無料サーバーが候補に上がります。

エックスドメインの無料レンタルサーバー

ミニバードなどを運営するネットオウルのWPblog

WordPress.com

未来サーバー

hostinger

WordPress無料レンタルサーバーの広告有無

これら5つをグループ分けすると大きく2つに分けることが出来ると思います。

ひとつは広告がないグループ

これは

「未来サーバー」と「hostinger」になります。

ちなみに未来サーバーのシステムはhostingerのものを利用しているのでこの2つはほとんど同じと考えてよいと思います。

もう一つはスマホなどの広告が自動で挿入されてしまうグループ

「エックスドメイン」と「WPblog」と「WordPress.com」です。

エックスドメインとWPblogPCからのアクセスでは広告が入りませんがモバイルからのアクセスだと下の方に小さな広告がポップアップします。

WordPress.comは使ったことがないですがWordPressのサポートによると

WordPress.com では、運営コストをカバーするためみなさんのサイト上に時々広告を表示しています。これにより、多くの機能を無料のままで提供することができています。

とのことで毎回ではないにしても時々広告が挿入されるようです。

未来サーバーの特徴

このなかで際立った特徴を持っているのが未来サーバーです。他社は容量制限や転送量制限があり、モバイル端末からの表示には広告が表示されたりしますが

未来サーバーは広告なし・容量・転送量無制限とえっ、無料でそんなに太っ腹なのという謳い文句だけをみるととても素敵なサービスです。

なので私も未来サーバーを使ってみました。

未来サーバーをおすすめ出来ない理由

しかし、未来サーバーは上記の素晴らしいポイントがあっても使えないということがわかりました。

一番の理由はサーバー能力が低すぎるという点です。

WordPressで記事を書いている時やプラグインをインストールしようとしている時に普通にクリックして画面遷移をしようとしただけなのにサーバーでエラーが起こることが頻繁にありました。

未来サーバー404

あるはずのページが見つからなかったり

未来サーバーInternalError

Internal Errorになったり

画像ファイルなどのアップロードにも時間がかかります。

これは自宅のネット環境が悪いのかなんて思い、ホームページやブログのスピードを計測できるSpeed Insightで計測してみると

未来サーバーPageSpeedInsight

30点以下という結果に。時間帯を変えてやってみてもほとんど変わりません。

それもここには改善点が記載されていますが「サーバーの応答時間を短縮する」と出ています。

サーバーが応答するのに10秒以上、悪い時は20秒もかかっていました。

良くても5秒以上かかっているのが未来サーバーです。

はっきりいってブログにアクセスして10秒もまたされるのは記事を作成する側にとっても見る側にとってもメリットが全くありません。

WPblogやエックスドメインの無料サーバーでは60点程度は取得できます。「サーバーの応答時間を短縮する」という修正項目はでたことがありません。

WPblog-PageSpeedInsight

WPblogの結果

無料で始めたいならエックスドメインかWPblogを使ったほうが結果的にブログ訪問者にとっても自分にとってもメリットが大きいです。モバイル広告がでないことよりもサーバーが安定していることの方が重要だと実感しました。

ちなみに未来サーバーのブログも残してあるのでどれだけ遅いか以下のアドレスで体感できます。

https://1983umare-zakkiblog.miraiserver.net/

Google Adsense

Google Adsense

-Wordpress
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

wordpressどこがいい

WordPress無料レンタルサーバーはどこがいいか比較してみた

WordPressを始めるにあたって最初からレンタルサーバーを有料で借りるのはちょっと敷居が高い気がします。 WordPressを無料で使えるレンタルサーバーの仕様についてこれから始める人が気になるポ …

WP Encrypt SSL化手順7-2firefoxエラー

独自ドメインSSL(https)を無料で出来るLet’s EncryptをWordPressプラグインWP Encryptで試してみたがミニバードでは出来なかった。

最近は様々なサイトがhttpからhttps(SSL)に移行しています。httpsは暗号化されるのでクレジットカードなどの重要な情報を入力するページではデータが暗号化されるhttpsのサイトを使うのが一 …

CloudflareSSL手順1

Let’s EncryptがだめなのでCloudflareで無料でSSL化をしたinミニバード

無料のSSL証明書発行サービスのLet’s Encryptはレンタルサーバーのミニバードでは使えなかったため他になにか手段がないかと検索していたらCloudflareというCDN(Cont …

WPSuperCacheBlank

WP Super Cacheプラグインで真っ白な画面しか表示出来なくなった時の対処法

WP Super Cacheプラグインで真っ白 ブログが快適に閲覧できるようにとWP Super Cacheというキャッシュを生成してくれるプラグインをインストールし、有効化しました。そして設定でキャ …

リダイレクトが戻らない

Redirectionプラグインでリダイレクトを削除したのにリダイレクトされたままになった時に試したこと

サイトメンテナンスのためトップページをリダイレクトしていた WordPressの「Redirection」プラグインを使ってサイトメンテナンスのためトップページを工事中ページにリダイレクトしていました …