雑記1983

ブログは人の為ならず

Wordpress

独自ドメインSSL(https)を無料で出来るLet’s EncryptをWordPressプラグインWP Encryptで試してみたがミニバードでは出来なかった。

投稿日:2017年3月29日 更新日:

最近は様々なサイトがhttpからhttps(SSL)に移行しています。httpsは暗号化されるのでクレジットカードなどの重要な情報を入力するページではデータが暗号化されるhttpsのサイトを使うのが一般的です。

最近ではショッピングなどに限らず個人ブログなどでもhttpsに対応させている所が増えてきています。Googleの検索でもhttpよりはhttpsの方が評価が高まると言われていますので今後httpsに移行する流れは加速するのだと思います。

またこれまでは毎年数千円かかるものでしたが無料でhttpsにするためのLet’s Encryptというサービスが昨年から正式運用されているため私もやってみようと思い試してみました。

独自ドメインSSLをミニバードで試した結果

始めに結果を述べてしまいますがWP Encryptプラグインの最終手順においてApacheのコンフィグファイルを編集する必要が出てきたのですが私の利用しているレンタルサーバーのミニバードではそれが出来ないとのことでLet’s EncryptでのSSL化は失敗に終わりました。

ミニバードに問い合わせたのでWP EncryptというかLet’s Encrypt自体が使えないそうです。また今のところ対応する予定もないとのこと。

ミニバードでもSSL化は出来ますよ、と固定IPなどのオプションの有料サービスについて教えてくれましたが数千円掛けるならサーバー引っ越しかなと思います。

このブログがもう少しアクセスを集めるようになった時にでもまたサーバー移転などを考えていこうかと思います。

2017年8月ミニバードは新サービスのスターサーバーになりスターサーバーでは標準でSSLが利用できるようになりました。他のレンタルサーバーサービスも無料でSSLが利用できるようになっていたためいつかはサービスが開始されると思っていましたが意外に早かったです。既に運用中のこのブログはいつから対応可能になるかな。

WP Encryptプラグインを使ったLet’s EncryptSSL化失敗報告

ここでは途中までですがWP EncryptプラグインでのSSL化導入手順をメモ代わりの残しておきたいと思います。あまりよく分かっておらず途中での失敗なども誰かの役にたつかと思うので残しておきます。

1. WP Encryptをインストールし、有効化します。プラグインメニューのWP EncryptSetting をクリックします。

WP Encrypt SSL化手順1

2.するとAccount Settingの画面になります。上の方にメッセージが出ておりSetting pageからスタートしてねといわれていますがそこをクリックしたら結局このページが表示されただけでした()

WP Encrypt SSL化手順2

3. 必要事項を入力します。Let’s Encryptの証明書は90日が有効期限なので自動更新が出来るよう「Auto generate Certificate」にチェックを入れ「変更を保存」をクリックします。

WP Encrypt SSL化手順3

4. すると設定ページの下にLet’s Encrypt Accountメニュー(Register Accountボタン)が現れます。Let’s Encryptに登録するのはこのボタンを押すだけで、押すとAccount registered と表示されました。

WP Encrypt SSL化手順4-1 WP Encrypt SSL化手順4-2

5. するとまたさらにしたにLet’s Encrypt CertificateメニューのGenerate Certificateボタンが現れるのでこれをクリックします。

WP Encrypt SSL化手順5

6. 一度これを押してみたものの「Challenge remote check failed for domain ******」と表示され証明書発行が失敗しました。

WP Encrypt SSL化手順6

これはどうもサーバーの特定のフォルダ(.well-kownフォルダ)にアクセス権がないと起こるらしいです。(FTPではアクセス出来ましたがブラウザからアクセスしてみると403でアクセス禁止となっていました。)
参考:https://wordpress.org/support/topic/challenge-self-check-failed-for-domain-nginx-problem/

7. これの解決策を見つけることが出来ず、SSL化をしたブログの情報などを読んでいてとりあえずWordPressの一般設定メニューの「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」変えたら何か変わるかもなんて思って変えてしまったのが失敗でした。

WP Encrypt SSL化手順7

SSLの証明書が発行されてSSL化の最終でやるべき手順ですので決して行わないでください。

変更を保存、とすると証明書がないことからブラウザでダッシュボードにもブログ本体にもアクセスできなくなってしまいました。

WP Encrypt SSL化手順7-2firefoxエラー

この問題の解決策は後述しますが、とりあえず進めたところまでインストール手順を説明します。

8. ダッシュボードにアクセスできるようになり、だめもとでもう一度Generate Certificateボタンを押したところ今度は成功しました。一度httpsにしたことがうまく働いたのかどうかは分かりません。

設定画面に保存された内容が表示されています。

WP Encrypt SSL化手順8

9. これで証明書の発行が出来たので最後の手順になるのですがそれがこちらになります。

WP Encrypt SSL化手順9

サーバーへのフルアクセスが必要。残念ながらすべてのレンタルサーバーで可能というわけではないと書かれてます。ミニバードも無理でした。

Apacheのコンフィグファイルを編集する必要があるそうです。

コンフィグファイルの場所は

/etcthhpd/httpd.conf

/etc/apache2/apache2.conf

ということでどうもWordPressのファイルが置かれているドキュメントルートのpublic_htmlよりも上位のフォルダになるようで編集することがかないませんでした。

証明書の発行まではいったのに残念です。

WordPressのアドレスをhttpsに変えてしまいダッシュボードにアクセス出来なくなった時の対処法

WordPressのアドレス設定を変えてしまい途中でダッシュボードにアクセス出来なくなった問題の解決方法について、日本語ではうまいこと見つかりませんでしたが以下のページの手順を実施したらダッシュボードにアクセス出来るようになりました。

https://codex.wordpress.org/Changing_The_Site_URL

方法1:wp-config.phpファイルを編集する

FTPでサーバーからwp-config.phpファイルをダウンロードし、以下の2行を追加します。

define('WP_HOME','http://example.com');
define('WP_SITEURL','http://example.com');

(example.comの部分は対応するドメインとしてください。)

これでとりあえずダッシュボードなどにアクセスできるようになったのですがこの変更を加えてしまうとWordPressの設定のアドレスがグレーアウトして編集不可のなってしまいますので次の方法2がいいと思います。

方法2:テーマのfunction.phpを編集する

FTPでサーバーの

/wp-content/themes/テーマ名

にあるfunction.phpをダウンロードし、“<?php”行の直後に以下の2行を追加します。

update_option( ‘siteurl’, ‘http://example.com’ );

update_option( ‘home’, ‘http://example.com’ );

これを行うとダッシュボードにアクセスできるようになりました。

WordPressの一般設定もhttpであることを確認し、念のため「変更を保存」しました。

ダッシュボードにアクセスできるようになったらfunction.phpに加えた変更を元に戻すのを忘れずに行ってください。

テーマによってはfunction.phpがないそうです。その場合は上記のリンクから他の手段も試してみてください。

Google Adsense

Google Adsense

-Wordpress
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

CloudflareSSL手順1

Let’s EncryptがだめなのでCloudflareで無料でSSL化をしたinミニバード

無料のSSL証明書発行サービスのLet’s Encryptはレンタルサーバーのミニバードでは使えなかったため他になにか手段がないかと検索していたらCloudflareというCDN(Cont …

WPSuperCacheBlank

WP Super Cacheプラグインで真っ白な画面しか表示出来なくなった時の対処法

WP Super Cacheプラグインで真っ白 ブログが快適に閲覧できるようにとWP Super Cacheというキャッシュを生成してくれるプラグインをインストールし、有効化しました。そして設定でキャ …

wordpressどこがいい

WordPress無料レンタルサーバーはどこがいいか比較してみた

WordPressを始めるにあたって最初からレンタルサーバーを有料で借りるのはちょっと敷居が高い気がします。 WordPressを無料で使えるレンタルサーバーの仕様についてこれから始める人が気になるポ …

リダイレクトが戻らない

Redirectionプラグインでリダイレクトを削除したのにリダイレクトされたままになった時に試したこと

サイトメンテナンスのためトップページをリダイレクトしていた WordPressの「Redirection」プラグインを使ってサイトメンテナンスのためトップページを工事中ページにリダイレクトしていました …

未来サーバー404

WordPressを始めるのに無料の未来サーバーをおすすめしない理由

Contents1 WordPressを無料ではじめるときに候補にあがる5つのレンタルサーバー2 WordPress無料レンタルサーバーの広告有無3 未来サーバーの特徴4 未来サーバーをおすすめ出来な …

雑記1983内を検索

アーカイブ