雑記1983

ブログは人の為ならず

仮想通貨

MyEtherWalletによるEthereumウォレットの作成方法

投稿日:

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨はcoincheckbitflyerなどの取引所で購入・送付することが出来ますがEthereumを使ったICO(Inicial Coin Offering)をする場合に取引所でなく自分のウォレットから送付が必須であることが多いです。そうした場合に使えるMyEtherWalletでのイーサリアムのウォレット作成方法・手順を解説します。

MyEtherWalletとは

MyEtherWallet.com

MyEtherWallet.com is a free, open-source, client-side interface for generating Ethereum wallets & more. Interact with the Ethereum blockchain easily & securely. Double-check the URL ( .com ) before unlocking your wallet.

まずMyEhterWalletについて簡単に説明するとイーサリアムを保管・利用するための財布(ウォレット)を作成してくれるWEBサービスです。もちろん作成したウォレットを利用してイーサリアムの送付・受け取りが可能です。

財布はオンライン上で保管されるわけではなく自分のPCに保存することになるのでMyEtherWalletのセキュリティ上のリスクは少ないと思います。

MyEtherWallet利用上の注意

MyEtherWalletに限ったことではないですが自分のパソコンにウォレット情報(秘密鍵)を保管する必要が出てきます。自分のパソコンに保存したデータをなくしてしまうとウォレットが利用出来なくなってしまいます。

そのためウォレット情報のバックアップとしてパソコンだけでなく外付けHDDUSBメモリなどにバックアップをしておく必要があります。←これ重要

MyEtherWalletでのウォレット作成方法

前置きが長くなってしまいましたがここからMyEtherWalletでのウォレット作成方法について見ていきます。

思った以上に簡単でWEBサービスの会員登録をしたことがあれば(あと英語が苦手でなければ)すぐ完了します。

1.MyEtherWalletにアクセスします。

MyEtherWallet

ちなみにMyEtherWalletに注意書きがありますがブラウザのアドレス欄を確認しホームページのアドレスが正しく「www.myetherwallet.com」になっているか、MYETHERWALLET LLC[US]の証明書が利用されているかを確認することでフィッシング詐欺サイトなどから身を守る、という意識が必要かと思います。

MyEtherWallet address check

ブラウザに表示されるアドレスと証明書を確認

 

2.ウォレット(財布)作成に必要なパスワードを入力します。

MyEtherWallet create password

このパスワードが財布を利用するための秘密鍵を暗号化するものとなり、鍵情報と同様に重要になってきます。(メモ・保存必須

パスワードを入力したら、「お財布の作成」をクリックします。

3.秘密鍵を保存してくださいのメッセージが表示されたら「ダウンロード Keystoreファイル(UTC / JSON)」をクリックして秘密鍵をダウンロードします。

MyEtherWallet step2 keystore download

これも先ほどのパスワードと同じで重要です。(ダウンロード保存必須

ダウンロードが完了したら「理解できました。続けます。」をクリックします。

このボタンの上は日本語化されていませんが意外に重要なことがかかれています。「鍵情報は無くさないこと、そして共有しないこと。またバックアップを作成すること。」

ウォレットの三原則といった感じです。

4.次のページに遷移すると秘密鍵情報が表示されます。

MyEtherWallet step3 save secret key

これも先ほどのKeystoreファイルと同様に保管しておきましょう。「お財布紙情報を印刷」をクリックするとプリンタで印刷することが可能です。(PDFプリンタなどでpdfファイルにしておくのもいいと思います。)

MyEtherWallet step4 print

印刷プレビュー

印刷するデータにウォレットのアドレスと秘密鍵が書かれており以上でウォレットの作成は完了です。

簡単ですね。

重要なことはウォレット情報(パスワード、秘密鍵)を確実に保存・バックアップすることです。

以上、ウォレット作成は終わっていますが一応続きがあるので続けます。

印刷が終わったら「アドレスを保存してください。→」をクリックします。

5.財布の操作方法の選択画面になるので先ほどダウンロードした「Keystoreファイル(UTC / JSON)」を選択します。

MyEtherWallet step5 select wallet use

「お財布ファイルを選択」をクリックしダウンロードしたファイルを選択します。

MyEtherWallet step5-2 select wallet use

Keystoreファイルのパスワード入力欄が表示されるので(一番最初の手順で入力した)パスワードを入力し「アンロック」をクリックします。

MyEtherWallet step5-3 select wallet use

すると作成したウォレットの情報(アドレスや財布の中身)が表示されるようになります。

もちろん作成したばかりなので中身はありませんがw

次に利用するときは「お財布情報を見る」のメニューから利用することが可能です。

Google Adsense

Google Adsense

-仮想通貨
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

crypto currency

Coincheckでビットコイン取引をするには本人確認が必要

最近ビットコインなどの仮想通貨の取引に興味を持ちだしており、Genesis Miningでのマイニングは先日開始しましたがせっかくなら直接の取引もしてみたいと思ったのでCoincheckでアカウント開 …

crypto currency

ビットコインの採掘?!Genesis Miningで資産運用は出来るのか

Contents1 仮想通貨が値上がりしているらしい2 ビットコイン以外にも様々な仮想通貨がある3 ビットコインの採掘(マイニング)4 Genesis Miningで採掘できる通貨とシステム利用料金5 …

ビットコインマイニング

ビットコイン分裂騒動も落ち着いたようなのでGenesis Miningでマイニング開始

ビットコイン分裂騒動でビットコインキャッシュゲットした 7月末にビットコインが分裂するといわれていたビットコイン。実際にビットコインとビットコインキャッシュに分裂しました。7月のビットコイン分裂前にb …

雑記1983内を検索

アーカイブ